結婚指輪の移り変わり【歴史のある指輪の世界】

ウェディング

プロポーズの指輪

指輪

ハワイアンジュエリーの婚約指輪はハワイでは代々受け継がれる貴重なジュエリーです。そのため多くの人に愛されていますが、スケジュールに余裕を持って申し込むことやサイズ直しができるか確認しておくことが大切です。

» 詳細へ

人気のジュエリーです

ドレス

非常に人気となっているハワイアンジュエリーですが、東京には多くのハワイアンジュエリーを販売しているショップがあります。様々なショップを見て回ったり、多くの商品を見てみて好きな商品を購入するようにしましょう。

» 詳細へ

頼れる場所で作れる

指輪

婚約指輪を名古屋で作る場合には信用のおける場所に依頼し、選ぶ時にはなるべく高いものをあげたいと思うのは男性として当然です。名古屋は婚約指輪を選ぶ方法も豊富で、ランキングなどもある事から利用価値は十分となっています。

» 詳細へ

お国柄と時代の移り変わり

リング

いったんは途絶えた伝統

結婚指輪というものの歴史は古く、そのルーツは権力の象徴として用いられた腕輪にあったと伝えられています。男性から女性へと結婚指輪が贈られるようになってからも契約としての意味合いは色濃く残り、その伝統の片鱗は現在まで連綿と続いています。名古屋には大小数々の図書館が存在していますが、そこで蔵書類を調べれば、結婚指輪の歴史について興味深い情報を得ることができます。日本でも古墳時代くらいまでは権力者階級において指輪が使用されたとみられていますが、奈良時代以降くらいから江戸時代後期までの間、結婚指輪はもとより指輪というもの自体が姿を消しており、これは名古屋においても同様であったと考えられます。こののち、明治期になって名古屋にも百貨店が登場し、金製の結婚指輪や宝石入りの婚約指輪が人気を博すまで、日本の指輪の歴史に空白期間が生じます。

特に高額でなくてもOK

日本で長い間表舞台から消えていた指輪も、江戸後期あたりになると外国の習慣が入ってきたことにより、おもに遊女たちの間から流行を見るようになりました。やがて明治時代になると一般にも普及し、名古屋でも結婚指輪というものが用いられるようになり、またたく間に広まっていったと考えられています。大正時代から昭和初期くらいになると、名古屋でも娘たちは女学校を卒業すると同時に婚約や結婚をすることが多く、その折には婚約者から婚約指輪や結婚指輪を贈られるのがすでに通例となっていました。名古屋では昔から娘の嫁入りには多額の費用をかけるという伝統があり、結婚指輪も豪奢なものが用意されることがありました。そのため名古屋の女性と結婚する他県出身の男性が、用意すべき結婚指輪の価格について悩むという話は今でも聞かれます。しかし時代の変遷とともに、現在では必ずしも結婚指輪が高額なものである必要はないとされています。